子育て支援事業ぽかぽか森の小さなお家の活動紹介と三瀬保育園年少・年中・年長クラスの秋を見つけたよ✩


”ぽかぽか森の小さなお地域子育て支援拠点事業)秋の自然の中で遊ぼう”
気比神社で活動しました。
お花を見つけたよ。傍でお母さんが温かくみまもります。
素敵な時間です・・・・・

花瓶に花をさしてみると、なんと芸術的な生花になりましたよ^^
満足そうなお顔です◎

松ぼっくりを見つけました・・・・

ママに手渡す男の子。ハーイと受け取るおかあさん。
ゆっくり、じっくり自然の中で心が繋がっていきます。

こちらでも・・・・
「どんぐりあるかなー?」

あったねー!

どんぐりあったよー!!・・・と共感・・・

森の中で、こどもたち一人一人のペースに合わせて
ゆったりとすごす親子の時間。なんて素敵な時間なのでしょう・・・・

心のずっと奥に蓄えられていく宝物であると思いました。

[ぽかぽか森担当]

三瀬保育園の子どもたちの活動・・・・・・↓

鮭が上ってきたよーと、保護者の方からお手紙をいただいたので、3才4才5才で、出かけました。

木の実・虫・木の葉・野菜に秋を感じます。
いちじく

かりん。

「いいかおりがするよ・・・」

柿もたくさん実っていました。
「柿はおいしいよね」
「ほいくえんの柿はまだ赤くなってないよね」などという会話が聞こえてきました。

お家の壁にカマキリがいました。
「あっカマキリだ!!」
「大っきいねぇ 赤ちゃん産むのかなぁ」

川をのぞいてみましたが、鮭はいませんでした~

また見に行きたいと思います。

気比神社の横のの農道を久々に歩いてみました。
いろんな木が伐採されて、整備されていました。

おおきなどんぐりを見つけました。

「これなんだっけ?」「マイク」「え~~~~~~??」
ホオノキの実でした。

せんせい、ことりさんからおてがみがきたよと三才児。

 

きのこもありました。

 

少しずつ葉っぱも色づいてきました。

 

・もってのほか(菊) ・キャベツ ・白菜 ・大根 ・ネギ

これからますますおいしくなる野菜をながめながら帰ってきました。

 

コメントは受付していません.