『ブタナがいっぱいの八森山』

◇今日、4,5歳児は八森山でサッカー教室。2,3歳児も八森山に遊びに行きまし た。少しずつ気温が下がってきたせいか虫も減って、トンボも休み休みとんでいるような。

ブタナの花も綿毛になっていました。

八森山に着くと、子どもたちは「あ!綿毛だ!!」と言ってブタナの綿毛に跳んでいきました。そして、綿毛を手にすると・・・。

 大きく息を吸って~… せーの!! ふーーっ!!と力いっぱい息を吐いていました。

しかし、綿毛は飛んでいかず「なんでだろう?」と不思議そうな表情をしながら、手で綿毛をプチプチとっていました。

こっちでも、

あっちでも綿毛に向かって ふーーっと息を吹きかけていました。

 

こちらでは、長いツルをひっぱって「うんとこしょ どっこいしょ」というかけ声で大きなかぶごっこが始まっていました。

様々なものを見つけては、友だちと少しずつ遊びのイメージを共有できるようになってきていることを感じました。今日も大自然の中でのびのびと遊んできました!!

(2歳児担当)

コメントは受付していません.