サイトアイコン ぽかぽか森の小さなおうち

役になりきって一緒におままごと

3歳児さん、朝の園庭遊びの様子です。

土の塊をおろしがねでおろしている女の子。

すり終わると「さらさらになった~」と教えてくれました。

「これをお母さんに届けるの!」と言いどこかへ、、、

「ただいま~」とお友達のところへ。

役を決めて遊んでいました。

近くで遊んでいた男の子「僕はお父さん!」「僕はおじいちゃんだよ~」

お姉さん役の子が「先生もお母さんする?おばあちゃんになっていいよ!」と役をくれました。

おばあちゃん役をもらうとすぐに

「おばあちゃんは葉っぱを摘んできて~」と頼まれたので摘みに行くと

お母さん 「おばあちゃん、この葉っぱ桜みたいだよ」

お父さん 「え、どれどれ?」

などと役になりきっていました。

おばあちゃん役になりきって「今日のお昼ご飯はなあに?」と聞くと、

お母さん、お姉さん、お父さん、お爺ちゃんが一斉に

「ツナごはん!」「葉っぱごはん!」「キノコサラダ!」などなどメニューを教えてくれま

した。

暑い1日でしたが、日陰でお茶を飲んだり、タケノコの皮むきを手伝ったりして休息をとりながらゆったり遊びました。

「ゆかいななかまたち」のお話を見て一休み。

その後、とよつぐ先生にお越しいただきダンスを教えてもらいました。

3歳児さんは初めての参加。

年中さん、年長さんのふりを見てまねて踊ります。

自由に表現しているので表情もこの通り、いい笑顔がたくさん見られました。

(3歳児担当)

 

 

 

 

 

 

 

モバイルバージョンを終了