サイトアイコン ぽかぽか森の小さなおうち

お節料理に興味を持って欲しい!

今日はお正月料理の一つ、「松風焼き」と「田作り」を食べました。

松風焼きのいわれは、表面にのみケシの実、またはごまをまぶして

裏には何もない状態の食べ物であることから、

「裏には何もない、隠し事のない正直な生き方ができるように」

という前向きな意味が込められています。

田作りのいわれは、材料のかたくちいわしは昔、畑の肥料として使われていたこともあり、豊年豊穣、五穀豊穣を願うという意味が込められています。

子どもたちからは、

「これおいしい」

「まつかぜやきを食べると正直者になれるんだ」

という声が聞かれました。

日本の伝統ある料理を伝えていくことは、とても大切なことと思っています。

おせち料理は品数もたくさんあるので、少しずつ子ども達に食べてもらおうと

今週から献立に入れてみました。

その料理に込められた願いを子どもたちに伝えながら、日本の食文化を知り、興味をもってもらいたいと思います。

担当:お台所(栄養士)

モバイルバージョンを終了