コロコロとちの実

7月14日

園庭に落ちてくるとちの実が少し大きくなってきました。

とちの実をお皿いっぱいにゴロゴロと集めた女の子がいました。

そのとちの実をお友だちが並べた雨樋の中にポンと入れました。

するとコロコロ…転がっていきました。

水はよく流して遊んでいますが、とちの実がコロコロ転がるのは新鮮だったようで、「僕も!」「私も!」ととちの実を集めてくる子どもたちでした。

勢いよく転がっていくのをみんなで楽しんでいました。

 

そして「おお!おお!」と盛り上がる声が。

いつの間にか砂が盛られていて、その砂を通れるかを子どもたちで見守っているところでした。

コロ…コロ….と止まったり転がったりするので

通れるかな、どうかな、と目が離せない様子でした。

これはどうかな?と今度はこんなに山盛りに。

おっとっとっと、落ちちゃう!と思わず手が伸びました。

残念ながらコロンとおちてしまいました。

それも面白くてクスクス笑う子どもたち。

もう一度砂を減らして、ゆっくり転がっていくのを楽しんだり

二人で集めたとちの実全部を一気に転がしたりして遊ぶ子どもたちでした。

友だちの遊びを”面白い!”と感じて真似をして、

それに自分たちでアイディアをどんどん付け足して行って遊ぶ子どもたちでした。

3歳児担当