三瀬保育園について

LINEで送る
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ようこそ!三瀬保育園へ

三瀬保育園の概要

■ 保育園名 : 社会福祉法人 三瀬保育園
■ 所在地 : 〒999-7463 鶴岡市三瀬字殿田233-1
■ 園長名 : 本間 日出子
■ 電話番号 : 0235-73-3500
■ FAX番号 : 0235-73-3507
■ e-mailアドレス : sanzehoiku@sepia.ocn.ne.jp
※ または、当サイトの送信フォームからご連絡下さい。
■ 認可定員数 : 60名
■ 受入開始月齢 : 産休明け(2ヶ月から)
■ 開園時間 : 7:00~19:00(早朝7:30~8:30)
保育標準時間 7:30~18:30(11時間)
保育短時間  8:30~16:30( 8時間)
※ 延長30分につき、延長料金300円を集金させていただきます。
希望される方は別途延長申請をお願いいたします。
■ 地域子育て支援拠点事業の実施
■ クラス構成 : 0歳児・・・くらげ組  1歳児・・・ぺんぎん組  2歳児・・・らっこ組
3歳児・・・あざらし組  4歳児・・・いるか組  5歳児・・・くじら組
※年齢別クラス保育の他に「チーム保育」という保育形態も行っています。

保育理念

① 多様な価値観の中でお互いを認め合い、
② 子どもの主体性が育つ環境を用意し、
③ 誰もが安心して過ごせる保育

三瀬保育園では、子どもの最善の利益を考え、
子どもたち一人ひとりに“生きていることの素晴らしさ”を実感してもらえるように保育を行っています。
“生きていることの素晴らしさ”とは、子ども一人ひとりが自分で生活を生み出し、
創り出していけるようになることで感じられるものです。
そのため、保育者は、子どもたちと相互に成長していく中で、子どもの成長のために大切な要素を知り、
子どもたちの自己充実を援助していきます。
それとともに、一人では生きていくことができず、
周囲との関わりの中で生きていくことを伝える必要があります。
周囲との関わりを育むために集団の中で保育を行い、
一人ひとりに立場や役割があることを子どもたちが知り、
また、様々な人と力を合わせて生きていることを実感することで、
子どもたちの心と体に充実感が生まれ、
“生きていることの素晴らしさ”を実感することができると考えています。
保育は一人ひとりの子どもが育っていくためのものであり、
“生きていることの素晴らしさ”を知るためのものであると考えています。

■保育目標

心豊かなたくましい子ども  ~地域との連携をもち、たくさんの関わりの中で子どもを育む~

① 心身ともに健康な子ども
② 豊かな感性を持つ子ども
③ 思いやりのある優しい子ども
④ 人との温かい関わりの持てる子ども
⑤ 自分の思いを伝え、人の思いをくみ取れる子
⑥ 物事にじっくり取り組む子

自分で考え、自分で遊ぶ子ども

■保育方針

◎主体性を育む保育

集団での保育を通して、子どもたちが心を自由にし、自分を素直に表すことで、自己を発揮し、
他人とのぶつかり合いを通して、自分と他人との違いを知ることが自己充実につながり、
更には主体性につながっていくと考えています。そのため、保育者が子ども一人ひとりを理解し、
子どもの側に立った保育を大切にしています。

◎穏やかな生活環境

子どもたちが健康、安全で情緒の安定した生活を送るために、環境整備が大切となる。
必要な環境は一人ひとりの子どもによって違ってくるため、一人ひとりの子どもを理解し、
目に見える物的・人的環境(保育者・友達)だけではなく、
目に見えない人間の心の環境(保育者・友達)が大切であると考えています。
一人ひとりの子どもの発達に適した、
成長に必要な環境を子どもたちと保育者で創り出し生活していきたいと考えています。

◎自然環境の中で育つ

田畑で植物を育てること、森の中で遊ぶことなど自然環境に寄り添い、関わる中で感動する心、
探究心、好奇心、思考する心、創造する心、
想像する心などが育っていくことが強く感じられます。
自然の中にいると不思議と子どもも保育者も心が素直になり、
心の信頼関係をよりよく構築する場としても、
自然環境の中での活動を大切にしたいと考えています。

■保育方法

① たて割りではない異年齢児保育
② 人間関係から「生きる力」を育む保育
③ 科学的知見に基づく保育
④ 地域の自然を取り入れた保育
⑤ チーム保育

◎チーム保育

子どもには各年齢に応じた発達段階というものがありますが、
一人ひとりその速度は異なってきます。
子どもが個々の発達に応じて無理なく、生活を送ることができるように、
複数の保育者及び異年齢クラスがチームを組み、
一人ひとりの発達を考慮した保育ができるように配慮します。

□平成27年度財務諸表

平成27年度資金収支計算書
平成27年度事業活動計算書
平成27年度貸借対照表
平成27年度財産目録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です