待ちに待ったお茶会

今日は5月のお茶会をおこないました。
先週から屏風の準備をしながら心待ちにしていた三歳児さん。
登園するなり「今日お茶会だよね?」と確認してくる子どもたちでした。

朝の会で園長先生から柿の葉の新芽を見せてもらいました。
今日はお茶会ということで、お茶の話を聞きました。

お茶は葉っぱから作られていること。
緑茶は揉んで、ほうじ茶はこうして炒っていること。

抹茶は石うすでサラサラの粉にしていることなど。

新緑の葉っぱの変化を真剣に見ていました。

三歳児さんのお茶会が始まりました。

今回は園庭で大鍋いっぱいのスギナを摘んで草木染めをし、たんぽぽをつくりました。

一か月に一度のお茶会ですが、毎月続けていくことで少しづつ所作を覚えていっています。

「先します」 「どうぞ」のやり取りをしてお菓子をいただきます。

お友だちがどうやっているかもじっと見ています。

お茶会の部屋に入るまでは、楽しみで笑顔が絶えない子どもたちですが、いざ部屋に入ると一瞬でキリっとした表情に変わります。

正座、美しいです。

みんなでおいしくいただきました。

「ありがとうございました」

このお辞儀を終えるとにっこりし、いつもの子どもたちに戻るんですよ。

 

三歳児担当

コメントは受付していません.