クローバーで草木染めをしました

昨日の2歳児さんです。
雨上がりに、田んぼに行きました。

田んぼに行く前に、「お茶会の染め物をしょうか、クローバーを集めに行こう」とお話しすると、「そめものってなあに?」と子どもたち。

「お茶会の屏風の準備だよ〜」と言うと、「お茶会の準備!する〜」と、はりきっていました。クローバーを見せて、「おんなじ葉っぱあるかなあ?」と問いかけてみると、「あったよ〜!」

「みて・・・・いっぱい〜!」

「これもおんなじ?」

と、田んぼのあちらこちらから摘んできてくれました。
摘んだクローバーはおなべに集めます。

「いっぱいになるまで?」

「もっといるね〜」

おなべをのぞき込んでつぶやいていました。

 

集めたクローバーを…いつも園庭で使っているすり鉢でごりごり…。「できた〜」おなべの中でにぎにぎ…。

水を加えてゆでて、重曹をたして染め液を作りました。

 

そして今日、染め液を見せると…「みどりいろ〜!」

「ちょっと黒みたいだねえ」「はっぱのにおい」

「お外のにおいみたい〜」

染め液の色や匂いに気がついていました。

 

染め液の中に障子紙を浸します。

「わあ、(色)かわった〜!」

「きいろになった!」

「ね、なったね〜」

白い障子紙が染まるのがおもしろく、夢中になっていました。

 

淡い黄色に染まった紙でブタナのお花畑を作ろうと思い、みんなで八森山にブタナのお花畑を見に行ってきました。「ブタナ?」

「きいろいね〜」
バスの中からもよく見ていました。

 

明日、みんなでブタナのお花畑の屏風を作ろうと思います*

<2歳児担当>

Comments are closed.