ここにあるはず

3月25日

気比の森に行ってきました。

着くなり下を見て探し物をする子どもたち。

ありました、キクザキイチゲ。


これがキクザキイチゲとわかると、自分でも見つけようとあたりを歩き回ります。

そして、「あった!」があちこちから聞こえてきます。

そして森の中へ入っていくと、次々と見つけていきます。

フキノトウも花が咲いています。

スミレも子どもたちが見つけてくれました。

「紫のお花があった!」

これはスミレだね

「こっちにスミレあったよ」

一度名前を伝えると次からはその名前で呼んでくれて、その名前が子どもたちの中でひろがっていきます。

「スミレここにもあった」

「スミレ?」

「うん、これスミレって言うんだよ」

カタクリの花もみつけました。

「ここにも紫の花もあったよ!!」

「カタクリだ」

カタクリの花を知っている年長さんが教えてくれました。

どんどん進んでいきます。

たまに上を見上げるとこんな、景色です。

たくさんの春の花に出会って帰ってきた昨日。

そして今日も行ってきました。

そして今日も同じところにキクザキイチゲが咲いていました。

そして昨日カタクリが咲いていたところに近づくと「ここにあるはず」と足を止める三歳児さん。

ゆっくり歩いてカタクリの花を見つけていました。

続けて行くことで

今日もあった!と知っていることを確認できることも楽しみの一つのようです。

三歳児担当

Comments are closed.