いつもの遊びが!

お部屋の積み木コーナーで遊んでいる2歳児の男の子。

見ていると、積み木は積まずに横に並べていました。

並べていると、仕切りの所に積み木がピッタリ入る穴に気が付きました。

ちょうどよくはまるので、男の子は積み木をどんどん入れていきます。

積み木が押されて、ヘビのように長くなっていきました。

顔をあげた男の子は、長くなっている積み木を見て

「わ!」と驚いている様子…。

そして、積み木が仕切りまで到達して穴に入らなくなると

男の子は積み木を見て「線路ができた~」と

顔をほころばせていました^^

それから電車を持ってきて、木の線路に走らせて遊び始めました。

男の子は積み木をつなげて遊ぶことがよくあるのですが、

いつもの遊び方が新しい展開を見せていて

遊びには思いがけないところに面白さが隠れているんだなと

感じながら見ていました。

担当:2歳児

Comments are closed.