積む楽しさ、崩す楽しさ

かわぐみのお部屋で、男の子が積み木をしていました。
車を走らせれる様にと作った少し斜めのスロープの上に積み木を置いています

倒さないように慎重においていました

男の子がその場を離れると、他のお友達も興味を持って近づいてきて
置いてある積み木を倒したり、真似をして置いてみたりしていました

しばらくすると、男の子は床の上で積み木を積んでいました

友だちもやってきて、積み上げるのを座って見始めます

5個積みあがると、男の子は真剣な表情に
だけど向かい合ってる友だちは次第に笑顔になり、何だか嬉しそう

6個目を重ねたところで積み木は崩れてしまいました。
途端に友だちが大きな声で笑います。
男の子は「あーーー」少し残念そうな表情をしましたが、友だちの笑い声に誘われるように笑顔になりました。

そして、今度はそれぞれで積み木を積み重ね始めました。

男の子は並べたり、積み重ねることを楽しみ
お友達は倒すことや崩すことを楽しんでいました。
それぞれの楽しみ方をしながらも傍で遊ぶことで、お互いの楽しさを感じているようでした

担当:1歳児

Comments are closed.