子どもの言葉を聞く大切さ

園庭にあるお家の中で遊ぶことが多くなった男の子です
いつもお家の中から顔を出して「いらっしゃいませ~」と店員さんになりきって声を出し、保育者や友だちを呼んで遊んでいました。この日は小屋に入ったものの声が聞こえてこないので、中で何しているのかなと覗いてみました。

すると、泡立て器で砂をむぎゅむぎゅと押しながら夢中で遊んでいました。

私は「何のお料理かな?」と聞こうとしていました。

だけど男の子は、「これ使いたかったの」と泡立て器を見せてくれました。その言葉から、この泡立て器を使う遊びをしていることに気付きました。
男の子は泡立て器の話になると、「ここ持つんだよ」「まぜまぜするんだよ」と沢山お話をして嬉しそうに混ぜて見せてくれました。

 

子どもの気持ちに沿って声をかけようとしていましたが、子どもの思いから外れた言葉かけだったことに気付かされました

子どもたちへの声かけで、「なにしてるの?」など子どもに聞き、子どもの言葉を聞くことの大切さを改めて学ばせてもらいました。

 

担当:1歳児

Visits: 47

Comments are closed.