園庭の虫の小さな変化

虫探しが好きな水色帽子の男の子。

今日も園庭に出るといつもの場所へ…。

目をこらしてダンゴムシを探していました。

その日はなかなかダンゴムシは見つかりませんでした。

しかし、少し草の多いところに移動してみると

「飛んでる虫、いた!」と何かを見つけた様子で

男の子の表情はさらに真剣になりました。

男の子が見つけた虫は、バッタの赤ちゃん。

たくさん捕まえていました^^

自分で捕まえた虫は愛着が湧き、

虫かごに顔を近づけて観察していたりき、

「逃げないでね~」「葉っぱ、食べる?」

などと虫に優しく声をかけていました。

好きな遊びを毎日続けている中で、

園庭の小さな虫の変化にも気が付くようになるんだな~と思いました。

担当:うさぎ組(2歳児)

Comments are closed.