大好きなごっこの世界

3歳児は今、大型絵本にはまっています。大きい組さんと一緒に八森山でごっこ遊びをしているので、すっかりごっこの世界です。

昨日「三匹の子ブタ」を読むと「ウ~~~ッ」とか、「ウォ~~~ッ」とうなり声が。

 

今日はとっても良い天気。

すでに泥んこになって一段落。「3匹の子ブタごっこしない?」と誘ってみると、4~5人集まってきました。

お家はどこにしようかな?

あるある!園庭にはごっこの世界が満載。

「オオカミだぞーっ!」ここがワラの家。

「おうちにいれて」

「やだよ」

「いれないとふきとばしちゃうぞ」

それを見ていた1歳児と2歳児さん。一緒にオオカミになって

「ふぅ~っ」

ワラの家から逃げてきた子どもたちは木のお家(小鳥ハウス)に逃げていきました。

「ウォ~~!いれないと たべちゃうぞ!!」

「それ いまだ にげろ!」

レンガの家はトンネルの中

オオカミさんは入口でふぅふぅしています。

子ブタさんは ドキドキ ワクワク。

「よし、ここからのぼろう」

 

「あちちちちち~~~」

「オオカミ行った?」

「にげていったね」

「もういっかい、もういっかい」と、この遊びを4~5回くり返しました。

何度もくり返す間に言葉のかけ合いができたり、「オオカミは男だからボクがオオカミ」といってブーイングを受けたりしながらも、しばし、ごっこ遊びの世界を楽しんでいました。表現することの楽しさをこれからたくさん味わっていきたいです^^

(3歳児担任)