積もうかな。やっぱりやめようかな~。

積み木のコーナーに、2歳児の子どもたちがよく集まって遊んでいます。

遊んでいる友だちを見つけ、「〇〇もつみきする~」と隣で遊び始めました。

こちらの男の子は、積み木が高くなるのが嬉しくて、「せんせい、たかいよ!」と時折教えてくれながら、積み重ねていました。

なんだか倒れてきそう(汗)

重ねるをやめて、横に置きなおしました。

だけど、縦に置きなおしてみたり。

縦にした積み木を積みあがった所に寄せると、立ち上がり、満足そうな表情で積み木を見ていました。

こちらの女の子も、積み木を積んでみようとして、積み重ねるも

降ろしてみたり、

今度は両手で慎重に積んでみたり、

積み木を載せると、この表情(^^♪。

積み木遊びをしている時は、言葉がほとんどなく夢中で遊んでいることが伝わってきます。
積みながら、『こうしてみたいな』『これならどうかな』『やっぱりやめた』『もう一度置いてみよう』と言ってるいるような雰囲気が伝わってきました。

担当:2歳児 さと組

    前の記事

    何度も何度も…

    次の記事

    小川を長くしたいな