ぜんまいとちぢみほうれん草を食べました。

乾物と、冬の青菜野菜を紹介したいと思い、産直から購入してきました。

一般的に売られているほうれん草や小松菜ではなく、地物で収穫された珍しい青菜野菜を

購入しました。

こちらは「ちぢみほうれん草」です。

冬限定の作物で、寒さに耐えようと葉っぱを縮ませ、栄養がギョットつまっていて

ほうれん草よりも甘味があり、緑が濃いのが特徴であるそうです。

これをさっと茹でて、お味噌汁にしました。

こちらは乾燥ぜんまいです。

乾燥ぜんまいは、戻すのに手間がかかり、調理が大変なイメージがありますが、

圧力鍋で手軽に出来る方法があったので、今回はその方法で作ってみました。

このぜんまいはさつまあげとこんにゃくなどと合わせて炒め煮にしてみました。

「ぜんまい食べれるよ!おいしいね!」

という声もあれば、

「ちょっと苦い気がする・・・」

と、独特の風味が苦手な子もいました。

圧力鍋でぜんまいを煮ると、手軽に戻すことが出来たので

今回はその方法をご紹介したいと思います。

①圧力鍋にぜんまいを入れ、水を多めに入れて加熱します。

②蒸気が上がってから3分後、火からおろして粗熱を取ります。

③水でよく洗って完成です。

適当な大きさに切って、煮物や炒め煮などに最適です。

前日から水につけて戻したり、何時間も煮る手間も省けて

手軽に出来る方法でした。

担当:お台所(栄養士)