2歳児さん 鮭を見にお散歩

昨日に続いて、鮭を見に散歩に出かけました。

 

川で生まれた鮭の子どもが、海で大きく成長してふるさとの川へ戻ってくるお話の、『かえってきたサケ』という紙芝居を聞いてから、「鮭いるかな~」と言いながら出発です。
img_0730

今日は、河口に鮭がいると教えてもらったので、海まで歩いて行きました。

 

途中でimg_0732

栗の実や、

 

img_0733

ムラサキシキブを見つけて触ってみながら、ゆっくり30分ほど歩くと...

 

img_0734

海が見えてきました。

久しぶりに見た海に「海だ~!」とうれしそうな子どもたちでした。

 

 

川に架かっている橋に着いて、のぞき込んでみると...

img_0737

 

鮭がいました!

img_0738

 

img_0746

「大きいお魚いた!」

「鮭だよ~!」

「あ!あっちにも!」

 

卵を産み終えたのか、死んでしまった鮭もいました。

img_0741

「先生、あの鮭は死んじゃったの?なんで死んじゃったの?」

「一生懸命卵を産んで、疲れちゃったからだよ」とお話すると、

「卵産んだら死んじゃうの?」

「がんばったから?」

とつぶやきながら鮭を見つめる子どもたち。

img_0752 img_0760

2歳児さんなりに感じるものがあるんだなあと思う表情でした。

 

紙芝居で聞いた鮭の遡上を、実際に見て、何か感じられたかなと思います。

 

 

img_0756

こちらでは、左の女の子が、「あの鮭ね、海から来たんだよ。卵ね、産んだから死んじゃったんだって」と、お話ししていました。周りの年長さんたちの会話を聞いていたようです。

こうしてお兄ちゃんお姉ちゃんのお話を聞きながら、いろんなことを学んでいるんだなあと思いました。

 

 

img_0739

じーっと、じっくりじっくり見てきました。

 

Comments are closed.