絵と粘土で表現

年長児です。
最近は、クリスマス会に向け劇に取り組んでいます。
今年も『もりのまほうがっこう』のお話しを演じます!
4年生の魔法学校の生徒たちは、月まで届くタワーを作るため、どんなタワーハウスが良いかな?と絵にしてみました。

「ここには、お洋服のお部屋で~・・・。」と独り言をつぶやきながらどんどん描いていく子どもたち。


楽しそうにいい表情で描いていました。

お洋服のお部屋、帽子のお部屋、寝る部屋、お菓子のお部屋、虫捕まえの部屋、遊ぶ部屋などいろいろ考えてタワーハウスを絵にしていました。

6年生の魔法学校の生徒たちは、恐竜時代へタイムスリップする魔法をかけます。恐竜が大好きな男の子たちは、粘土でいろいろなものを作り始めていました。

これはアンモナイトだそうです^^
特徴をよくとらえて作っていました。

絵や粘土などさまざまな方法で表現している子どもたちです。

Comments are closed.