お母さんになりきって

4歳児の女の子2人がおままごとしていました。

そこに2歳児の女の子が「いーれーてー」とすこーし恥ずかしそうに小さめの声で言いました。すると、4歳児の2人はその小さな声に耳を傾けて、「いーよー」と優しく受け入れてくれていました。

しばらく3人でお料理したり、お皿を並べたり、赤ちゃん(人形)のお世話をしたりしながら遊んでいました。

4歳児のお友だち2人が用事ができて抜けてしまったあとも、2歳児の女の子はその続きを1人で楽しんでいました。

3人で並べたお皿にお料理を盛り付け、時々赤ちゃんの面倒も見て、まるでお母さん。

お弁当もつくってつつんでいました。

赤ちゃんをかごに入れて大切そうに抱っこして、お弁当をもってお出掛けしました。

 

 

お弁当はリモーザに夢中になってるお友だちに届けました。「たべてねー」と言ってそっとベンチに置きました。

それから女の子が向かった先は…

 

「電車でおでかけしよーかー?」と赤ちゃんに話しかけてゆったりとした時間をすごしていました。

 

4歳児クラスのお友だちがいなくなったらやめるのかなー?と思って見ていましたが、女の子の中には遊びのイメージがあり、お母さんになりきって遊んでいたんだなーと思いました。4歳児の女の子たちが赤ちゃんに優しく話しかけていたように、2歳児の女の子も優しく赤ちゃんに声をかけていて、上のクラスのお友だちの遊び方もよくみているなーと思いました。

 

2歳 ふくろう

Comments are closed.