見て真似て、広がる遊び

7月8日

二人の男の子が積み木遊びをしていました。

車が走るジャンプ台を作っていると教えてくれました。

「こうしよう」「うん!そうしたら、こうして・・・」と

よーく相談して作っています。

一人加わり、「ぼく、こっち作っていくね」

「うん!」

時々お友だちが作っているところをじーっと見ていました。

そして、なにか思いついたかのようにまた自分でも作り始めました。

 

 

 

 

 

今度は別の子がやってきて、「ここはこうやってするの?」

 

そして、別の場所でまた作り始めました。

積み木を高く積み上げて、らせん状に走られるコースを

作っているそうです。

いつのまにかまた一人加わりました。

みんなそれぞれ、自分で作りつつ、お友だちがどんなものを

作っているのか聞いたり、アイディアをもらったりしていました。

そしてそのすぐ脇で、遊びを見ていた2歳児の男の子が

積み木を手に取り自分で作り始めました。

お友だちの遊びに興味を持って、3歳児さんはお友達と一緒に

一つのものを、2歳児さんは自分で一つのものを作り上げました。

みんな共通しているのは見て真似ている事でした。

担当:2・3歳児

 

Comments are closed.