心も体もぽかぽかになるスープをみんなで

寒い季節は温かいスープが心や体を温めてくれますね。

絵本「くまのこミンのふゆじたく」のおはなしのように

畑でできた里芋を使ったあったかスープが給食に出る

ということで2・3歳児クラスのもりぐみさんが

収穫をしてきました。

「これがおいも?」

この茎を引っ張るとお芋が出てくるんだ!と

茎を引っ張りましたが抜けません。

「おばあさ~ん手伝って~」と

大きなかぶごっこが始まりました。

何人で引っ張っても抜けない里芋。

スコップで掘ることにしました。

 

「里芋って仲良しなんだね」

親芋に子芋がいくつもくっついているのを見て

とても優しい言葉で表現してくれました。

大きなかごいっぱいに里芋を入れて、給食室へ運びました。

今日のスープには

里芋、玉ねぎ、パセリが入ります。

パセリの収穫と玉ねぎの皮向きも行ないました。

玉ねぎの皮むきはおじいさんのおうちで。

遊んでいる間にコトコト煮てもらい

できあがりました!

みんなでテーブルをかこみ

ふぅ〜ふぅ〜をしてぱくっ。

実はちょっぴり里芋が苦手な子もいるのですが、

くまのこミンのお話を見て、暮らしを想像して、

おじいさんの家でいつもと違う雰囲気の中で

おともだちと一緒にのむスープは

とても美味しかったようです。

 

2・3歳児担当

 

 

Comments are closed.