お気に入りのスコップで

園庭で過ごしました。

2歳児さんは園庭に出るとスコップに手を伸ばすことが多く、

今日もスコップを持って園庭を歩いていました^^

 

 

2歳児さんたちは、

年中さんが掘った穴に興味を示していました。

「穴があるね・・・」

「水も入ってる」

と、じっと見つめていました。

年中さんは洗い場から水を運んで穴に貯めているのでした。

しばらくして、年中さんは別の遊びへと向かいました。

すると、青い帽子の2歳児さんたちは穴が気になって集合です^^

お気に入りのスコップも一緒でした。

スコップ越しに泥の感触を確かめたり、

顔を近づけてよく見たりしていました。

そして、泥をすくうと

落ちないようにそーっと歩き出しました。

向かった先は・・・

年長さんたちが遊んだ、砂の跡でした。

「ここにしよう」

「うん、わかった」とお話をしながら、

年中さんの真似をして、水を運んでいました^^

すくって運ぶことが楽しくて、

「もう1回しよう」「そーっとだよね」と

何度も何度も運んでいました。

担当:うさぎ組(2歳児)