まわりを見ているね~

水色の服を着た女の子がおままごとをしていました。

近くで見ていると、、、

「お肉焼いてるからね」と教えてくれました。

女の子は「あ、忘れ物しちゃった」と、つぶやいて

棚にスプーンを取りに戻ると再び遊び始めました。

しばらくすると、ピンクの服を着た女の子が近づいてきました。

一緒に遊び始めるのかなと思っていましたが、、、

ピンクの服の女の子は、

近くにあったテーブルを動かすと隣にくっつけました^^

女の子は人形を抱っこするとテーブルに寝かせました。

すると、「あっ」といつもと違うことに気がついてベッドを取りに向かいました。

人形をベッドに寝かせると、やさしい手つきでトントンしながら

「♩ね~んね~こ、ね~んね~こ」と、

ゆりかごのうたを歌い始めました^^

女の子は寝る時にお母さんにしてもらった経験を、

遊びのなかで再現しているのでした。

数分後、2人はそれぞれの遊びに満足したからなのでしょうか・・・

「赤ちゃんもご飯たべる?」「なにか作ろっか?」

とお話をしながら一緒に遊び始める2人でした。

自分の遊びをしながらも実は周りもちゃんと見ていて、

一緒に遊んだり、自分の遊びに戻ったりしながら遊ぶこの頃の2歳児さんです。

担当:うさぎ組(2歳児)

Comments are closed.