こども美術館を見に行ってきました(年長組)

アートフォーラムにて23日まで行われている『こども美術館』

をみにいってきました。

入ると自分たちで描いた作品が奥に大きく飾られてあり、

「自分たちの描いたのがある!」

と指を差して嬉しそうでした。

自分たちの作品を見る前に、ほかの保育園さんの作品を

じっくり見て歩きました。

「何でつくったんだろう…」

「牛乳パックつかってるね。」

「ホットボンドではったのかな?」

と何で作っているのか材料が気になる様子です。

テーブルの上だけでなく、上につるされている作品を見つけると

「わー!上にもある!」「すごーい!」と

気づいた事をお友達に伝えあっていました。

上も下もじっくり見ていました。

だんだん見ることに慣れてくると、「これ作りたい!」

という言葉が増えてきました。

「これ牛乳パックと段ボールあればできるね」

「保育園いったらやってみよう!」「ザリガニ描きたくなってきたー」

とワクワクそうに話す年長さん。

そして、自分たちの描いた作品を見ると…

「ジュゴンいっぱいいる!」

「おさかないっぱいになってる!」とニコニコ話してくれました。

もう一度じっくりと近くで見る子もいたり…

先生たちが作った、説明書を見たり…

椅子に座って全体をじっくり見ている子もいました。

男の子が一人、、、

「これは魚たちの楽園かな。魚たちここ気に入ったね。」

とつぶやいていました。

最後に「描いたときおもいだす~^^」とニコニコと話していました。

子どもたちは自分たちで描いた作品が大きく貼られて

うれしかったことはもちろん、思い出に残るものになったのかな

と男の子のつぶやきを聞いて感じられました。

Comments are closed.