じーっと見ながらお散歩。

8月29日
気比神社までお散歩に行きました。
「あっ!これだ!」「ほら、あそこだよ!」年中さんが塀にくっついているサナギを見つけました。年中さんの目線を追って、2歳児さんもじーっと見つめたり、「あれなあに?」「サナギだって〜」とつぶやいていました。

また進んでいくと、柿が実っていました。
「柿だ!」「緑だけどおっきいね」「ほら見てごらん」と年中さん。

2歳児さんも柿の木を見上げて、葉っぱの間から柿の実を見ていました。

川の音も気になる様子…。
他にも、畑の野菜を見て「トウガラシ!」「きゅうり!」と名前を言ってみたり、「ネギ!ネギの匂いする〜」と匂いも感じながら歩きました。

トンボやチョウチョにも出会いました^^

「いっぱいとんでるね〜」

「どこからきたんだろうね〜」

 

神社に着くと、「これ見つけたの」「いっぱいあったよ〜 まつぼっくり〜」

大事そうに手に持ったまつぼっくりを見せてくれました。

 

草の中でぴょんっと跳ねるものに気がつきました。
「なんかいた!」
「いた!なあに??」「こっちにもいたよ!おいで!」「どこ〜?」

小さなコオロギの赤ちゃんでした。

素早くてなかなか触れるのは難しかったのですが、しゃがんでよーく見ていました。

 

それから、年長さんの相撲を見せてもらいました。取り組みが始まる前…。

2歳児さんもじっと見つめます。のこったのこった!「がんばれがんばれー!」と大きな声で応援する子もいれば、じーーっと様子を見つめる子もいました。年長さんがいなくなった土俵で真似っこしてみる子も…^^

 

いろんなものに興味を持って、見て感じたお散歩でした。

 

担当:2歳児