積み木コーナーに集まっていたのは、年中組。

年長さんが流しそうめんを作っていた姿を見ていたためか、3・4歳児も同じものをまねして作っていました。

レースコースもまねして、3歳児なりに「トンネルにしよう。」などと工夫して考えながらつくっていました。

 

今日は、年長さんが入園式に飾る桜の花びらを折り紙で作成してくれたので、3歳児がはさみをつかって葉っぱを切りました。

最初は切った線がザクザクしていましたが、何枚もしていく間に切った線がきれいになりました。

切ってできた葉っぱをみて喜び、また切った折り紙を開いてみると穴が開いていて「虫眼鏡になった。」、「おうちもってかえっていい?」と切ってできた穴に不思議さも感じていました。

    前の記事

    2歳児さん 思い出の手型

    次の記事

    水さいばい