拾った松ぼっくりを見てみると

この日も園庭で拾い物、、、友達も拾ったものを入れてくれるので、

どんどんと集まっていきます。

集めることを楽しむ子供達。

園庭から戻った後に拾った松ぼっくりに

触ってみることにしました

指先でちょんとしてみたり

つまんでみたり、引っ張ってみたり

「これ、〇〇ちゃんひろったの!」と大事そうに

抱えたりしていました。

その中でひとつだけ、松ぼっくりが残ったままになっています。

どうやら、一部がかけているため、手を伸ばさないようです。

よーく見てみると、かけている部分はリスが食べた跡でした。

そのことを伝えると、、、、

「みせて!」「あむあむしてるね!」

とみんながその松ぼっくりをじっくり見始めました。

あっと言うまに人気者の松ぼっくりになっていました。

担当:1.2歳児混合 ふくろう組

    前の記事

    お気に入りのスコップで

    次の記事

    なにしているのかなー?