雪あそびでの発見

雪がたくさん積もりました。

2歳児さんも園庭に出て雪遊びをしました^^

 

女の子は車を押してみようとしますが

雪がモコモコしているので、なかなか前に進みません…

すると、もう1人女の子が来て2人でお話していました。

「すすまないね…」

「どうしよう」

「ここに入れたらいいんじゃない?」

と、雪をよけると進むのではと考えて、

黙々と車の中に雪を入れていました。

別の車も進むのかと押してみますが、、、

やっぱり進まず、どうしたら進むのかなと

いろいろと考えをめぐらしていました^^

別の日・・・

スコップがお気に入りの2歳児さんは、

雪の日もスコップを手にしていました。

力を込めてすくってみると

ごろっとした雪の塊が取れました。

ここでも会話が聞こえてきました。

「みて、おっきい雪がとれたよ」

「本当だ~、触らせて」

「やさしくね」

思いついたことや発見したことを伝えながら、

お友だちとつながっているこの頃です。

担当:うさぎ組(2歳児)

    前の記事

    雪遊び

    次の記事

    お茶会🌺1月