庄内の夏の味、エゲシ汁

庄内の海でとれたエゲシ(イギス)がはいりました。

正式名称は『イギス』ですが、庄内では『ェゲシ、ェゲス』などと呼ばれている海藻です。

食事の前にこども達に生のエゲシを見せると、「海のにおいがする」との声が聞こえてきました。

「なんだか色がちがう」と生のエゲシは茶色っぽくて、汁に入っているエゲシは緑色っぽいことに気が付いた子もいました。

エゲシとナスは、庄内では定番の組み合わせです。

夏が旬のエゲシのみそ汁の作り方を紹介させていただきます。

《材料》 4人分

エゲシ…60g   ナス…2本   だし汁…1200cc

みそ…60~80g(好みで)

《作り方》

①エゲシをよく洗っておく。

②ナスはところどころ皮をむき、半月切りにする。

③沸いただし汁にナスを入れて、火が通ったらみそを入れる。

④お椀にエゲシを入れて熱いみそ汁を注ぐ。

担当:お台所(調理師)

    前の記事

    小川を長くしたいな

    次の記事

    道具と手を使って