菜の花を食べました。

春にしか食べられない菜の花。

春にしか食べられない菜の花を食べて、春を楽しんでもらおうと

お昼ごはんの前に味見をしてもらいました。

食べる前に、菜の花の栄養や少し苦みのある野菜ということを伝えました。

子どもたちは菜の花をじっと見て聞いてくれました。

「ビタミンっていう風邪からみんなを守ってくれる栄養があるんだよ」

「これを食べたら風邪を引かないで明日からも元気に保育園にこれるね」

その後、さっとゆがいた菜の花をかつお醤油で和えたものを

お皿に少しのせてみました。

「苦くない!」

「おいしいよ」

「もっとください!」

その日のマカロニサラダにも入っていることを伝えると

「やったー!楽しみ」

と、喜んでくれました。

給食前のお腹がすいている時間帯に、おやつ感覚で出してみると

普段は緑の葉物が苦手な子も、今日は食べてくれたようでした。

このはたらきかけを続けていきたいと思っているところです。

担当:お台所(栄養士)

前の記事

いいこと探し

次の記事

春探し&鳥さんのごはん