春の味覚を味わいました🌸

ぽかぽか陽気になってきました。

4月上旬にまだ小さかったつくし、ずんずんと背が長く伸びてきました。

子どもたちは「どれ長いかな~」と長さ比べをしていました。

お寺方面までいくと、カタクリとキクザキイチゲが満開に咲いていました。

「気比の森にあったね~」「同じお花ある!」と気比の森と同じ花があることに気づいていました。

「まだ咲いてないお花もあるね。」とよ~く見ていました。

帰りに、先日まではまだ小さかったノビルを見にいってみました。

大きくなっていたノビル。年長さんが「あった~!」とノビルを教えてくれました。

株で抜いてきたものを年中さんで採ってみました。

根元から採ることを伝えると、根元をおさえながら採ろうとします。

でも、根っこが絡まって難しい様子。

それでも、「根っこがいっぱい!」「むずかしいな~」「もじゃもじゃしてる~」と見たり触ったりしながら様々なことに気づいていました。

天ぷらにすることを伝えると楽しみなようで、給食中に「ノビルまだ~?」と期待している子どもたち。

春の味覚を味わうことができました。

先生たちや小さいクラスのお友だちから「ありがとう」「おいしかった」と言ってもらい、ますます食べたい!収穫したい欲が高まっているこどもたちです。

担当:4歳児