4歳児*畑や田んぼの変化

5月2日。田んぼにカエルの卵を見つけました。

そして、5月6日。畑にさやいんげんの種をまいたので水をかけにいくと、子どもたちは真っ先に田んぼをのぞいていました。

「あれ?ない!」「卵なくなってる!」

見つけた場所に卵がなくなっており、心配するこどもたちでした。

それから5月9日。

また田んぼに行ってみると、やはり手前の田んぼにはなく…

水やりの途中、奥の田んぼから発見しました!

「これかな~?」「あわあわってなってるよ!」

一つ見つけると、「こっちにも~!」

「草の下に隠れてる」「カラスから食べられないように隠れているんじゃない?」と

たまごの話題で盛り上がっていました。

そして、自分たちで植えたサヤインゲン。芽が出てきました🌱

水かけには自分で水かけができる道具を準備します。

ジョウロやバケツ、ペットボトル、お皿、スコップを持っていく子もいました。

水をくむとそ~っと運んでいました。

「大きくな~れ」と優しい声をかけています。

畑には芽が出て、田んぼにはカエルの卵が見られて、先月とは違う変化がみられました。

芽がどうなるか、卵がどうなるか…今後の変化も見て感じていきたいと思っております。

4歳児担任