ダム作りから温泉作りへ

築山のてっぺんから流れてくる水で小川ができました。

その小川をせき止めて、年長さんたちがダムを作って遊んでいました。

その様子を何日も観察していた年中さんたちも真似て遊ぶようになりました。

 

「土を運んできたよ」「ここに土を置かないと」などと、思いを伝え合いながら遊びが盛り上がっていきます。

すると、女の子が紫蘇の葉で作った色水を持ってきました。

男の子が「ここに入れたらいい匂いの温泉になるんじゃない?」とアイデアが浮かび温泉作りへと遊びが変化していきました。

周りで遊んでいた友だちも温泉作りに興味を示し、どんどん集まってきました。

自分の思いを伝えたり、友だちの思いを聞いたりしながら温泉を完成させました。

「気持ちいいね」など話しながら、作った温泉に足を入れて、イメージを共有して、なんだかとっても楽しそうでした。

4歳児担任

(4歳児担任)

    次の記事

    砂、入ったかな?