ひゃくねん森での一日…

5月16日。

ひゃくねん森で過ごしてきました。

田んぼに水が入り、モリアオガエルの卵があちらこちらに見られました。

「あっちにもあった!」「1、2、3、4こある~!」

トンネルを抜けて道路に出ると、山々のみどりがきれいでした。

ところどころに、紫のふじの花、ピンクのタニウツギのお花がきれいに咲いていました。

ちょうちょうがミツを吸いに、タニウツギのお花に遊びに来ていました。

ひゃくねん森の孟宗林に入らせていただきました。

ひゃくねん森のあきらさんと一緒に、もうそう掘りを体験させていただきました。

孟宗の赤ちゃんを見つけると、手で掘り始めるこども達・・・

「ぜんぜんとれないよ~」

もうそうをユラユラさせたり、土をどんどん掘ったり…

小さかったけど、自分たちで掘ったもうそうが収穫できてうれしかったようです^^

ひゃくねん森に給食の先生がやって来て、子どもたちの目の前で調理をしてくれました。

お昼ご飯までゆっくり遊びました。

年長さんの女の子。

花編みを一緒にしてみると、だんだんとやり方を覚えて、集中して黙々と…。

このおうちでは、お料理をしたり、ゆっくりしたり…

火を囲んでほっと一息^^

ここで、もうそう汁、フキご飯を作ってくれました。

目の前で調理して、たきびで炊いたフキご飯ともうそう汁はとてもおいしく、

みんな2杯以上おかわりをしました!

後編に続きます…。

担当:4歳児