「またまた行ってきました。ひゃくねん森」

なかなかいい天気です。田んぼの苗も少し大きくなったようで、田んぼの色が濃い緑色に変わってきたような感じです。田んぼのあぜみちをてこてこ歩いていったのですが、発見が多くてなかなか前に進みません・・・。

きれいに咲いたアザミに目がいったり、田んぼの中を覗いたり・・・と思うとイモリを捕まえたり・・・。

見つけたものを友達に伝え、保育者に伝え・・・とにかく目的地のひゃくねん森に着くまでの間にいろんな発見を楽しんでいる様子の子どもたちでした。

ひゃくねん森に入っていくと・・・まっすぐに伸びた杉がいい感じに太陽を遮り、森の中はひんやり涼しい感じでした。道路を歩いてきた子どもたち・・・ひゃくねん森の涼しさに、ゆっくりしたようでした。

5月10日にもひゃくねん森におじゃましたのですが、その時、加藤さんに「竹はひとふし1日」と教えていただいたのですが・・・。5月10日に目印をつけておいた竹、“ひとふし1日、ひとふし1日・・・”どんどん伸びて、ものすごく大きくなっていました。子どもたちの5倍くらいはあったかなぁ・・・。竹のそばには『三瀬保育園竹の子成長調べ(発見5月10日)』の文字が!加藤さんのお心遣いに感謝です・・・。ありがとうございます。

今日は、竹の子とみずとミョウガをいただいて帰ってきました。ありがとうございます。

全部天ぷらにしていただきました。おいしかったです~。

それから、園児のおばあちゃんに不思議な花をいただきました。花も葉っぱも、もほもほもほもほ・・・。ありがとうございます。

(福)

Comments are closed.