ちいさな生き物との出会い

午後のゆったりとした時間、そよそよと気持ちの良い風が吹くなか、

ウッドデッキでひなたぼっこをしていました。

すると…女の子が立ち止まり「あっ!!」「たー!」(いたー)と

下を見ながら声をだしました。

よーくみると、そこにいたのは…アリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとか触ってみようとするものの…

敷物の下に入っていったり

園庭におりていったり

ウッドデッキの板の隙間に入っていったりと、

なかなか捕まえられません。

それを見たもう一人の女の子も同じようにアリを捕まえようと

していました。「あっあっ」と声をだし追いかけます。

アリは動きが早く捕まえられませんでしたが、足元にいる

小さな生き物に気が付き、目をむけて、興味をもったり、

お友だちがしていることに目をむけ、興味をもち、同じようなことを

してみようとしたりと、日々の生活の中での気づきが増え、

興味がどんどん広がっていると感じています。

 

担当:こりす

Comments are closed.