ラーメン作り

いつもラーメン屋さんになりきって料理をしている2歳児の男の子。

この日も「ラーメンつくるよ~」と台所でお料理が始まりました

麺に見立てたチェーンリングをお鍋いっぱいに入れます

「まぜまぜするね」

パッパッと振りかけているので、聞いてみると、
(私)「何を入れたの?」「しお?」「しょうゆ?」「みそ?」
(男の子)「これは、あっぷる」
(私)「あっぷる??、りんご?」
(男の子)「うん、あまいの!」

アップルラーメンが完成

そして、料理を入れ終わると、次は赤いお鍋が出てきました。

先ほど作ったラーメンがまだ残っていましたが、せっせと移し替え、

棚に入れ、「冷やしておくんだよ」と教えてくれました。
どうやら残りを冷蔵庫に入れたようです

そして男の子は赤ちゃんのお人形を持って来て、出来上がったラーメンを食べさせてあげていました。
「おいしいって!!」

子どものイメージは自由で面白いなと感じました。

夏頃までは、料理を作ることは鍋に具に見立てた物をいれたり、混ぜたりすることが多かったのですが、味付けをしたり、作った後に冷蔵庫に入れたりするなど遊びが広がっています。

 

担当:1・2歳児混合クラス ふくろう組

Comments are closed.