はるじいの大根と笠取峠

はるじいちゃんの畑で大根を掘らせていただきました。

3、4、5歳児クラスのお友だちがどれが大きいか吟味して掘る姿を2歳児の子どもたちはよーく見ていました。

○○くんの大きいね、〇〇ちゃんのちょっと小さいねなど大きさにも興味を持って見ていました。

白菜もいただきました。

それから、可愛い大根も見せてくれました。

はるじいちゃん、いつもありがとうございます。

それから笠取峠にお散歩に行きました。

上のクラスのお友だちに手をつないでもらって、「端っこ歩くんだよ」「もう少し行くと栗があるんだよ」など優しく教えてもらいながらのお散歩となりました。

この日の海は穏やかな海でした。

「海はひろいなーおおきいなー♪」うたを自然に口ずさんでいました。

田んぼでも少し遊びました。暖かい日でジャンバーを脱いで思いっきり遊びました。

ゴロンとするのも気持ちがいい感じです。

途中で拾ってきたざくろもじっくり観察しました。

土手を登っては

ジャンプしてを繰り返し楽しんだり

虫を見つけてじーっと見て観察したり

頭を寄せ合って「クモがいる」「ここおうちかな?」とお話合いをしていました。

「ほら!みて」と指さす方を見てみると…

飛行機雲でした。

お昼ご飯には、はるじいちゃんの畑でいただいた、大根の葉っぱの部分をお台所の先生にふりかけにしてもらい、おいしくいただきました。

暖かく気持ちの良い穏やかな1日でした。

担当:2歳児

前の記事

クロダイの冒険ごっこ

次の記事

園庭遊び