2020年度デイキャンプのスタート☼

今日は、3歳児~5歳児の子どもたちが今年度初めて八森山に

デイキャンプに行ってきました。

5歳児クラスのデイキャンプの様子を紹介致します。

自然の中でたっぷりゆっくり過ごすことと

自分の持ち物をきちんと管理することを大きなねらいとしました。

そして、1日暮らす場所を子どもたちも一緒に作っていこう

ということから朝の活動が始まりました。

ヒュッテからキャンプ場まで、テーブルとイスを友だちと力を合わせて

運びます。

重い物は、2~4人で協力して…

過ごす環境を自分たちで作っていくということに興味津々。

テントを張って自分たちのお家を作り、レジャーシートで自分の

お部屋を作る。

絵本のお部屋、ゴミを入れる場所、手洗い場などを作りました。

テントのお家がとても気に入ったようで、寝そべって歌を歌ったりして、

しばらく過ごしていました。

次第にテントのお家から出てきて紙飛行機、風車、へび凧などの

遊びが始まりました。

先日、八森山で紙飛行機を飛ばした時よりも、投げ方のコツを掴み、

風に乗せて遠くに飛ばすことができていました。

友だちと紙飛行機を重ねて飛ばして、飛んでいる間に2つに

分かれるという工夫などもして楽しんでいました。

へび凧は、新聞紙を長く切って棒につけた物です。

自分の体よりも、うんと長いへび凧を作っていました。

子どもたちが走ると、へび凧がふわふわ上がってその様子に

子どもたちも盛り上がっていました。

木登りにも興味津々でした。

お昼ご飯。今日は、絵本14匹のねずみシリーズのぴくにっくの絵本の

イメージで遊ぼう…と子どもたちがイメージを持っていたので、

お母さんが作ってくれたおにぎりの入っているお弁当箱に

お台所の先生からおかずを詰めてもらいました。

そして、14匹のねずみの家族のように草原にレジャーシートを敷いて

食べました。

朝、八森山で摘んだよもぎを使った『よもぎあん玉』、『蒸しパン』も

作ってもらいました。

山から下りるとき、お母さんにお土産にするよもぎを摘みました。

 

帰る時、「先生、今日楽しかったよ!」と言ってくれた子どもたちの

言葉に感動でした。

担当:5歳児

前の記事

やっぱり一緒がいいね~

次の記事

食材のサクラマス