自分の思いを言葉にして

砂場でのお料理作り

何してるの??と聞くと、「きび団子」と返事が返ってきました。
(最近、絵本の桃太郎を気に入っているため、

クラスでよく読んでiいます。)

「先生も作って~」ということで、お皿に丸い団子を作っていると

「〇〇もつくる」と友だちもやってきて、砂をお皿にのせ始めました

「ここ?(このお皿?)」「うん、ここだよ~」

「いっぱい作ろう」「いっぱいね」

とお話しながら作っています

2人で砂を盛ったことで大きな砂山になりました

2人はイメージどうりの形になったのか、

満足そうな表情をした後、食べる真似をして遊び始めました。

「(わたし)たべるね」「うん」

「(ぼくも)たべる」「いいよ」

「おいしい~!」「おいしいね」

自分の遊びを楽しむ中で、友だちの言葉に耳を傾け、

自分の気持ちを言葉で伝えようとしてることが

伝わってきました。

担当:1.2歳児混合 ふくろう組