シロツメクサで染物(2歳)

子どもたちがよく手にしている🌼シロツメクサとアカツメクサ🌼で染物をすることにしました。

子どもたちと花を摘んできて、ちぎっています。
「お花あるねぇ」「かわいい💛」
「こっちは長いよ~」「〇〇のも長い!一緒だね」

指さきに力を入れると、茎がポキンッと折れる音が聞こえ、「もう一回するね」と折ったり

「お花かわいい~」と花びら一枚一枚をちぎっていました。

そして、お鍋にいれて水を注いでいくと、「お料理してるみたい」「混ぜ混ぜする??」と
周りのみんなが寄ってきてお花や葉っぱを混ぜてくれました。
 料理に見立ててで遊ぶことが大好きな2歳児さんらしいな~♪

さて、煮込んだ花からは茶色い色が出てきました。茶色になるかな?と思いましたが、
和紙で染めてみると、優しい黄色に染まりました。

黄色い色だったことと、7月は七夕様のおはなしで星のお話をたくさんしていたので、染めた和紙をいろいろな星の形に切ってみました。
そして、「大きいお星さまがいい~」「赤ちゃんのがいい~」「ちくちくしたのがいい~」と気に入ったものを手に取って、屏風に貼っていきました

そぉっと、でもくっついてほしいようで、ぎゅっと力が入っているのがわかります。

のりをつけてみたいと、ゆっくりつけていました。

真剣な表情。

きらきら光る~♪と子どもたちが口ずさむことも。

花を摘んで、ちぎって、染物をして、貼ってしていく中で、
花をじっくり見たり、音に気付いたり、匂いを嗅いだり、指先を使ったり、色に興味をもったり、友だちと言葉を交わしたり、沢山のことを体験していました。

担当:2歳児 さと組

    前の記事

    海でおよいじゃいました♪

    次の記事

    泥んこあそび