優しくしてくれて、ありがとう(1歳児)

年長の女の子がお部屋に遊びに来てくれました。

1歳児さんのそばで積み木をしていると、

興味をもった男の子が傍にやってきました。

しばらくすると、そっと手を伸ばして積み木を崩しました。

(積み木を積むことも崩すことも1歳児さんは

楽しみ、遊んでいる時期です)

女の子は男の子の楽しんでいる気持ちを汲み取ってくれ、

「崩れちゃったね、もう一回作ろうか」と

優しく言葉をかけてくれました。

男の子も「もう一回作ろうか」と言葉を真似しながら、

隣で積み木が積まれるのを見ていました。

他の場所に行ったりしながらも、時折戻ってきて

積み木を眺めていました。

完成したところで、男の子はそっと手をのばし、

積み木を崩しました。

「うわぁっ!」

「崩れたね~!!」

なんだか二人は楽しそうに笑っていました。

そして、男の子は女の子のそばで積み木を

積む遊びを始めました。

 

保育園での生活があと少しとなった年長さん、1歳児さんとの

触れ合いを愛おしく思ってくれているようです。

1歳児さんの気持ちを汲み取って、

優しく接してくれてありがとう。

こんな風に優しくしてもらって嬉しいね。

担当:1歳児 ふくろう組

    次の記事

    これはなんだろう?