鮭の川登りと気比の森♪

今日は川に鮭がのぼってきている!ということで、2~5歳児さんで一緒に気比の森近くの川へ行ってきました。
地域の方々に「どさいぐ~?」と声をかけてもらうと、すぐに「鮭、みにいく!」と答え、子どもたちの楽しみにしている気持ちが伝わってきました。
img_0174
すぐに川をのぞき込む子どもたち・・・。
・・・あれ?「いな~い。」「ぜんぜんいないね。」と橋の両方をよーく探して悔しそうにしていました。
残念ながら今日は見られませんでしたが、明日も行く予定ですので明日こそは見れるといいですね。

その後、気比の森に行ってきました。
歩いていく道道は、たくさんの実でいっぱいでした。
img_0176

img_0177

img_0181
ムラサキシキブ。
においがあるかな?くんくん。
img_0185
「きれ~!」とさわってさわって、興味を持って歩いていました。
img_0184

気比の森では、カマキリにも出会いましたよ。
img_0190
珍しいキノコも発見!
足元からけむりが・・・。
img_0193
ホコリタケがにょきにょきなっていました。
キノコからけむりがでる様子が不思議で、何度も何度もちょんちょんと触れている子どもたちでした。
img_0213

img_0196

少し森の中に入ると、またまた実がいっぱい!
img_0201

img_0203

img_0210

サンショウの葉っぱ。
たたくとにおいがするということを年長さんが教えてくれました。
img_0206

img_0207

春は、かたくりの花でいっぱいだった森の中も
「葉っぱが緑から黄色・オレンジ・あかになった。」「実がいっぱいなっている。」「花が咲いてない。」「落ち葉がいっぱい。」などの変化にきづいており、実やキノコなどに触れながら、秋の気比の森を楽しんでくることができました。

Comments are closed.