ちょっと前のクリスマスのお散歩とクリスマスプレゼント

12月25日クリスマスの日、2歳児の子供たちは朝から、プレゼントの話、ケーキの話、サンタさんの話などをお友達とし、楽しそうにしていました。

この日は天気も良く、気比の森へお出掛けしました。

行く途中ツバキの花が綺麗に咲いていました。

それから、南天。優しくチョンとさわってみていました。

それからユズリハもみつけました。「ここ赤いね」と茎の色が赤いことに気がつき言葉にしていました。

ヤツデの花もありました。

「うえになんかあるよー」と言う声が聞こえてきました。見てみるとそこにはノブドウの実がなっていました。

それからバラの実もみつけました。

いつも見るムラサキシキブとカリンも今日も同じ場所にあり、「ムラサキシキブあったねー」「ここはかりんあるよねー」と友達同士お話していました。

神社に着くと少し休憩。

おうちの方がつくってくださったおにぎりをもりもりたべました♪

おうちから持ってきたおにぎりの味は特別美味しいようでした。

神社では森に住む動物さんたちがクリスマスパーティーをできるようにと準備をしてきました。

「おばあさんのメリークリスマス」という絵本を読んでクリスマスパーティーをするには準備が必要なことを子供たちは知っています。

ケーキと、ツリーをつくりたいということで材料を集めてさっそくつくりはじめました。

枝や、まつの葉っぱ、松ぼっくり、木の実、ツル、ツバキの花びらなど神社の広場のあちらこちらからみつけては飾っていました。

こちらは木の実のケーキです。

「りすさんたべてくれるかなー?」「よろこぶんじゃない?」と動物がきて食べてくれることを想像しながら話をしていました。

松のガーランドと枝と木の実のツリーができました。

「こっちにもケーキつくったよー」というこえがしたのでいってみると…

切り株の表面の虫が食べたのか穴が空いているところに枝をさして、ケーキづくりをしていたのです。

森の動物さんたちがクリスマスパーティーを楽しんでくれることを期待しているようでした。

 

それから、鈴木工務店さんよりお菓子のプレゼントをいただきました。何が入っているのか興味津々でした。

袋の中にはお菓子がたっくさん入っていて、大喜びのこどもたちでした。おやつの時間に自分の食べたいものを自分で選んで食べることにしました。真剣な顔で食べたいものを選ぶ姿はとっても可愛らしかったです。

鈴木工務店さん、ごちそうさまでした。みんなで美味しくいただきました。ありがとうございます。

 

2歳ふくろう

 

 

Visits: 129

Comments are closed.