友だちから貰った優しさを友だちへ💛

最近、1歳児さんの一人が部屋にあるロフトに

登れるようになりました。
すると、他の1歳児さん達もロフトに

登ろうとするようになってきました。

女の子がロフトに登ろうとするものの

もう少しの所で登れず困っていると、、、。

それを見ていた男の子が「登り方、教えてあげるね」

と声をかけ、のぼってみせてくれました。

女の子は男の子の登り方をみた後、再びロフトにしがみつき

登ることができました。

二人は顔を見合わせて、「のぼれたよ~」「のぼれたねぇ」

と声を掛け合い、二人とも嬉しそうに笑いました。

そこへ、2人を遠くから見ていた友だちがやってきました。


「〇〇ものぼる!!」

足を高い位置にかけたり、腕に力を入れて登ろうと

していましたが、思ったようにいかなかったようです。

すると、今度は女の子が「登り方、教えてあげるね」と

降りてきて、登り方をおしえてくれました。

「見ててね、こうやって登るんだよ」

友だちに登り方を伝えた後の表情は、なんだかやりきったぞ

というような、満足そうな表情をしていました。

自分ができるようになったことを、友だちと一緒に

楽しみたいなと思う気持ちが伝わってきました。

また、友だちにしてもらって嬉しかったことを

自分もしてあげたことに、子どもたちの

優しさを感じました。

担当:1歳児 ふくろう組