大きいオタマジャクシ、見つけたよ♪

田んぼにつくなり…「いたよー!」「ほんとだ~!」と、

オタマジャクシに興味津々・・・・

「こっちにもいるよ~」「え?どこどこ?」

お隣の田んぼにも沢山いることに気が付き、あっちでもこっちでも、オタマジャクシを見つけることに夢中です。

反対側のお隣の田んぼを覗いたお友だちが…「おっきーーーー!!」と声を出しました。

大きなオタマジャクシがたくさんいました。

先週年長さんと、年中さんと一緒に田んぼで遊んだ時に、お兄ちゃん、お姉ちゃんたちが、草を竿に見立てておたまじゃくしを釣ろうとしているのを近くで見ていて…今日は自分たちが…という事で真剣に草を選び、この草なら釣れると信じじっと構えています。

畑の野菜にも少しづつ興味を持ち始め、目が出ているそばに種の袋があり、「これはまめなんだ…」と言いながら、「こっちも豆」「こっちも豆」と袋の写真を見て、それが植えられているという事に気が付いたようです。

それから「もういいよ!」と言う声が聞こえてきました。

どうやらかくれんぼをしていたらしく…顔を隠しているお友だちが鬼のようで…

畑の土手の陰にかくれ…

そして…すぐに見つかって…(笑)

「あはははは」とみんなで大笑い。

田んぼのおたまじゃくしにはいろんな大きさがある事や、釣りを試みてみたり、畑の野菜に興味を持ち始めたり、虫を見つけたり、かくれんぼをしてみたり、先週見たものとの少しの違いに気が付きながら楽しみました^^

3歳児担任